宅配野菜でアスパラガスをおすすめ

野菜・果物
スポンサーリンク
Pocket

こんにちはヨヒロです。先日【食べチョク】の紹介と、おすすめ商品として「アスパラガス」を提案しました。今日は、農産物のバイヤーをしている私がなぜ【食べチョク】で「アスパラガス」をオススメするのか紹介しようと思います。

食べチョク ~農産物バイヤーのおすすめ~

スポンサーリンク

なぜ「アスパラガス」をオススメしたのか?

皆さんは「アスパラガス」の旬はご存知ですか?「アスパラガス」の旬は、です!関西地方では、九州や四国地方では2月頃から出荷が開始され5月頃から長野などの高齢産地へ移行しながら6月頃の北海道へ産地をリレーしていきます。なので2月からは「アスパラガス」の出荷が始まり旬を迎えるためにおいしい季節を迎えるということですね!

アスパラガスの【春芽】・【夏芽】知ってますか?

アスパラガスには、収穫時期が2度あります。春の出始めを【春芽】、春芽が終了し立茎を行った後に出てくるのが【夏芽】と呼ばれます。つまり、秋から冬にかけて栄養を蓄えた「アスパラガス」が春を迎えて一番初めに出始めるのが【春芽】です。春芽収穫後に葉を生い茂らせて光合成を促しながら【夏芽】を収穫します。知ってもらいたいポイントは【春芽】がめちゃくちゃおいしいということです!皆さんスーパーなどで「アスパラガス」を買って食べたときにこんな感想を持ったことありませんか?

  • 太いアスパラを買ったのにやわらかかった。 【春芽】
  • 緑色が濃くおいしそうだった。       【春芽】
  • 細いのにスジ残る感じだった。       【夏芽】
  • 色が薄く白っぽかった           【夏芽】

6月を過ぎると産地によって【春芽】と【夏芽】がスーパーなどで混在します。「アスパラガス」に詳しくないと買ったのがどちらかわからない…となってしますのが一般的です。ただ今の時期はすべてが【春芽】のためにどれを買っても間違いはありません!

【食べチョク】でなぜ「アスパラガス」をオススメしたのか?

次に「アスパラガス」を美味しく食べるためには?で重要になるのは【鮮度】です。アスパラガスは地中から貯めた養分を吸ってグングン大きくなるのですが、収穫されると鮮度劣化が早い野菜になります。切り口から水分の蒸散が進み収穫したての濃い味が抜けてしまいます。できるだけ収穫後すぐに調理して食べることが「アスパラガス」を最もおいしく食べるコツになります。鮮度の良い「アスパラガス」は塩ゆでだけでも濃い甘みでドンドン食べれてしまいますよ!肉巻きアスパラや塩ゆでにビールなんて最高ですね~!

鮮度が命の「アスパラガス」だからこそ…

先日のブログでも触れましたが、通常の八百屋・スーパーに並ぶ野菜・果物は収穫から3日~4日程度たってから消費者の手にわたるものが多いです。(もちろん近郊の産地ではもっと早いこともありますが…)かに鮮度良く届けようとしてもこのような経路をたどりながら消費者の手に渡っていくんですね。

【食べチョク】での注文ならば…

収穫した生産者が消費者の自宅まで送ってくれます。こうすることで【食べチョク】では最短24時間でのお届けを可能にしているわけですね!

収穫から3日目の「アスパラガス」と収穫から1日目の「アスパラガス」は味の濃さに差が出てきます。皆さんにはぜひ美味しいアスパラガスを食べていただきたいと思います。

少し量が多くて食べきれない場合の保存方法はこちらで紹介されていました。

旬の「アスパラガス」を楽しみ美味しく食べきってください!

投稿者プロフィール

yohiroblog
会社に入って13年の35歳のサラリーマンです。
現在は農産物のバイヤーをやっております。
自分を変えてくれる考え方として「ラテラルシンキング」に30歳を過ぎで出会い、衝撃を受けました。全体を見通す目線と、ラテラルシンキングによっていろいろな物事の見方をして自己啓発につなげ副業でも稼げるようになりたいとあがいております。
タイトルとURLをコピーしました