ビザスク 新規依頼いただきました!

ビザスク
スポンサーリンク
Pocket

こんにちはヨヒロです。副業に興味を持っているサラリーマンの皆さん、ビザスク使ってますか?先日1件のスポットコンサルを受注しましたが、本日以前スポットコンサルをした方から追加で依頼がありました。

スポンサーリンク

ビザスクで追加依頼を受けるためにしていること

私は、ビザスクに2020年11月に登録しました。実際に普通のサラリーマンである私にお金を払って話を聞きたい人などいるのか?と半信半疑でしたが、毎月1件~2件コンサルの依頼を受注させていただいています。

私はスポットコンサルを受注するうえで気を付けていることがあります。

なぜ追加依頼があるのか?

私が実際に追加依頼を受けたのは3件です。総件数が6件ですので、半数が追加で依頼を受けているという形ですね。追加依頼がなぜあるのか?

私の私見にはなりますが、

  1. 依頼者の多くは新規事業を検討している企業が多い
  2. 新規事業の進捗に合わせてアドバイスが欲しい

私は依頼者は、新規事業の立ち上げのための情報を集めていて事業計画の段階で再度需要があるのか、間違った方向ではないかをヒアリングしたいのだと思います。なので、良いアドバイザーには、事業が進む要点でアドバイスを求めるのです。

ビザスクでコンサルを受注し、1件で喜ぶのではなく同じ依頼者から2件目、3件目の依頼が受けれるように対応しましょう。

依頼者にいい印象をもってもらう

依頼者はお金を払ってでも知識を持っている人と話をしたいと思ってビザスクで依頼をしてきます。時給で換算すると1万円~3万円が普通ですので、高いお金を払っています。そして有益な話を聞きたいと思っています。

そんな依頼者へ少しでも良い印象を持ってもらうことが追加依頼を受注するうえで非常に重要です。どうすればよいのでしょうか?

  • 依頼内容から自分の経歴、知識を相手に伝える
  • 不明確なところは質問をする
  • 事前に調べれることはないか聞いておく
  • コンサルの最後にお礼

具体的に私が行っていることは上記の4つです。特に大切にしていることは、「事前に調べれることはないか聞いておく」ことです。自分の知識と、競合や同業者の動向などを調べますと逆提案を行うことで相手に誠実にコンサルを受けてくれそうと思ってもらうことができます。またコンサル時に調べた知識を伝えることで良い印象を与えれます。

何度も言いますが、依頼者はお金を払ってあなたの話を聞きたいと依頼しています。良いアドバイザーに出会った、困ったら次回も質問しようと思ってもらうことが大切です。

まとめ

サラリーマンの副業で【ビザスク】を使用したスポットコンサルは高単価で、手間のかからないとても良い副業だと思っています。受注できる件数が少ないなどのデメリットもありますが、うまく利用して報酬を得ましょう。そして今回追加案件を受注するためにどうすればいいのかを書かせていただきました。

依頼者が求めていることを正確に把握すること。そしてコンサル前には事前準備を行うこと。この2点に気をつけてアドバイザーとしてコンサルを行ってください。皆様にも良い副業でありますように。

投稿者プロフィール

yohiroblog
会社に入って13年の35歳のサラリーマンです。
現在は農産物のバイヤーをやっております。
自分を変えてくれる考え方として「ラテラルシンキング」に30歳を過ぎで出会い、衝撃を受けました。全体を見通す目線と、ラテラルシンキングによっていろいろな物事の見方をして自己啓発につなげ副業でも稼げるようになりたいとあがいております。
タイトルとURLをコピーしました