ビザスクでコンサルを受注するためにすること

ビザスク
スポンサーリンク
Pocket

こんにちはヨヒロです。今回はビザスクでどうやってコンサルを受注するためにすることをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビザスクでコンサルを受注するためにすること

ビザスクに登録した後、コンサルを受けるために必ずしなければいけないことはこれです。

  • 概要
  • ビジネス経験
  • 職歴
  • 学歴
  • 言語
  • 資格・言語
  • 詳細情報

「登録する数が多いなぁ」と思われる方もいるかもしれません。もちろんプロフィールは充実しておいて損はありません!依頼者はアドバイザー候補のあなたについて依頼する価値があるかを調べようとします。なので自分を知ってもらうために詳細を記載することはライバルたちに差をつけることができます。

しかし重要なのは、【概要】【ビジネス経験】【職歴】の3つです。そして最重要となるのが【概要】【ビジネス経験】の2点をどれだけ充実させてアドバイスをもらいたいと思ってもらえるかが、コンサルを依頼できるかのカギとなります!

【概要】【ビジネス経験】【職歴】がなぜ重要?

【概要】【ビジネス経験】【職歴】を記入することがなぜ重要かを理解しておく必要があります。ビザスクでは【職歴】は非公開にすることができます。副業で利用しているサラリーマンが多いからこのような対応になっているのでしょう。【職歴】が公開されるタイミングは、以下の通りです。

  • 公募案件にアドバイザーの依頼をしたとき
  • 指名相談のメッセージから依頼を受諾し、プロフィール開示をしたとき

つまり指名相談をしようと、アドバイザーを探している依頼者は職歴を確認することはできません。どうやってアドバイザーを探すのでしょうか?

うちの悩みを解決するアドバイザーを探して指名相談を依頼しよう。

解決できる「ビジネス経験」から検索!
      ↓
アドバイザーとしてマッチングしているか?
      ↓
ビジネス経験と概要を確認!
      ↓
よしこの人に指名依頼をしよう【スポットコンサルへ】

つまり、指名相談を受けるには、【概要】と【ビジネス経験】の記入内容が非常に重要になります。自分がどのような職業経験があり、どんなアドバイスができるのかを依頼者へアピールできるかがカギとなることがわかっていただけましたでしょうか?

【概要】【ビジネス経験】【職歴】の書き方?

まず【概要】【ビジネス経験】【職歴】を登録にはビザスクがプロフィール登録の記載例をめちゃくちゃ丁寧に例文・記載すべき内容を説明してあります。なので説明分をしっかり読みながら記入をしていけばとてもきれいなプロフィールが完成します。だから自己アピール文を書くのが苦手と考えている人でも安心です。

記入の注意点

【概要】

・具体的な経験内容

詳細な企業経験などは職歴で記載しますが、アドバイスできる内容を「どこで」「いつ」「どれだけ」「どのように」経験したのかをできる限り詳細に記載しましょう。

・業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

ビジネス経験からどのような分野について知見があるのかを記載しましょう。

・お役にたてそうと思うご相談分野

自分の経験からアドバイスできる分野や相談内容などを記載します。

【概要】は基本的には箇条書きで簡潔に記載していくとよいでしょう。アドバイスできる内容の詳細は【ビジネス経験】で記載しますので、簡潔に箇条書きで大丈夫です!

【職歴】

職歴は現在までのビジネス経験を企業名や経験年数を記載していきます。そしてそれぞれどんな経験をしたのか詳細を記載していってください。どのようなポジションでどのような経験をしたのか。私は書いているとき大学生の時に書いた履歴書を思い出してしまいました(笑)

【ビジネス経験】

ビジネス経験が指名依頼を受ける最重要項目です。上記でも触れましたが、指名依頼を探している依頼者は【ビジネス経験】を検索しながらアドバイザーを探します。つまりコンサルを受けるために自己アピールをする場!なのです。

しかしビザスクはしっかりと自己アピール文書のマニュアルが用意されています。まず注意点に従って書けばどんな人でもある一定の【ビジネス経験】が書けると思いますので頑張ってみてください。

なんだ、書き方の注意点とか言いながらビザスクの言う通りに書けばいいだけじゃないか!と言われそうですが、記載の仕方は素直にビザスクの従って書いてください!

ビジネス経験はひとつだけ?

私が最も伝えたいことは、どうやって依頼者へ自己アピールするのか!です。ビザスクが用意しているプロフィールの書き方は非常によくできていて、従って書くとみんな横並びのプロフィールになります。それでは選んでもらえる確立を上げることはできません。そこで僕がおすすめしたいのは【ビジネス経験】を細分化して記載するということです。

ビザスクに登録し公募案件を見て思うことは、依頼案件が非常に専門的なことが多いことです。「人事・IT・営業内容・物流・農産物栽培・輸出・転職など」依頼される案件は様々、驚いたのは、飲食店のトイレの清掃についてとかまであります。ビジネスを考えている人たちは私たちの思ってもいないところにビジネスチャンスを見出しているんですね。などで自分のどんな経験がマッチングするかはわかりません。

だからこそ自分のビジネス経験を多面的にみて数多く登録することをおオススメします!

【例 営業職】

  1. 自社が取り扱っている商品いついて
  2. 商品の製造や仕入れについて
  3. 営業スタイルについて
  4. 営業先の特徴について
  5. 業界のトレンドについて
  6. などなど

【例 パートの女性】

  1. パート先の選定基準について
  2. 労働時間と家事について
  3. パート先の商品について
  4. 同世代が抱える不平不満について
  5. 子育てについて
  6. などなど

働いている内容は1つですが、アピールできる【ビジネス経験】は多面的な見方ができます。どれだけ様々な角度から自分の仕事を見ることができるかで【ビジネス経験】が書くことができる数が変わってきます。ぜひ3つ以上の【ビジネス経験】を書くようにしてください。

まとめ

ビザスクでいかにコンサル案件を受注できるかを書いてみました。まず言いたいことは、プロフィールを充実させるのは、ビザスクのマニュアル通り書けばきれいに自己アピールを書くことができます。

そこから人と違いを出したり、コンサル依頼を受注するためにはビジネス経験】をたくさん書くこと!自分のビジネス経験を多面的にみて自己アピールにしてください。

私は今、月1回程度コンサル案件を受注しています。少ないと思いますか?でも1か月でビザスクをしている時間は1時間もないです。(1週間に一度案件見る15分程度×4週)

それで時給1万円程度が発生しています。たくさん稼ぐことはできませんが、隙間時間を使ってお小遣い稼ぎするにはとてもおすすめです。ビザスクは登録無料ですので、登録してプロフィールを記載してチャンスを待つだけ!

ぜひ皆さんもぜひ無料登録して副業頑張ってください!

無料会員登録

【ビザスク】の新規申し込みとプロフィールの書き方について


投稿者プロフィール

yohiroblog
会社に入って13年の35歳のサラリーマンです。
現在は農産物のバイヤーをやっております。
自分を変えてくれる考え方として「ラテラルシンキング」に30歳を過ぎで出会い、衝撃を受けました。全体を見通す目線と、ラテラルシンキングによっていろいろな物事の見方をして自己啓発につなげ副業でも稼げるようになりたいとあがいております。
タイトルとURLをコピーしました