ラテラルシンキング~私を変えてくれた考え方~

ラテラルシンキング
スポンサーリンク
Pocket

こんにちは、ヨヒロです。

みなさんはラテラルシンキングをしっていますか?最近では、下記の本などが結構有名なので知っている本もあるのではないのでしょうか?

今回は私と【ラテラルシンキング】と出会い、自分に全く足りていなかった考え方に気付かされたことをかきたいと思います。そしてこの自分を客観的に見れたことで大きく成長できていると思っています。そのことを多くの人に知っていただければと思っています。

スポンサーリンク

ラテラルシンキング~私の出会い~

私は、現在35歳。大学卒業からサラリーマンを10年以上続けています。私の会社は、比較的教育に力を入れてもらっており、新人から5年間は様々な教育カリキュラムがあったりします。そこで教えられることの多くは、PDCAサイクルを使用した結果を残すためのロジカルシンキングです。ロジカルシンキングはとても重要な考え方で、計画の過程、検証をしながら結果を出していく。社会人に最も大切な考え方だと思います。

私が、ロジカルシンキングという考え方で思うことは、日本人らしく「失敗は悪の文化」から失敗しないように計画と検証をしていくことが好まれているのだと思っています。

しかし、私は30歳で部署が変わり「農産物の仕入れ(バイヤー)」となりました。

ここで今までのロジカルシンキングの限界を感じてしまったのです。             なぜロジカルシンキングの現実を感じてしまったのか、それは農産物特有の理由です。       農産物は、計画をしていても防ぐことができないことがあるからです。

  • 天候による収穫不能
  • 生産者の体調不良
  • 配送時の事故や渋滞
  • 需要と供給による相場変動
  • 品質不良
  • 購入者からの問い合わせ
  • etc…

正直、私は仕事の進め方には自信がありました。学生時代にやっていた「アメリカンフットボール」で事前の準備や、相手の動きによる対応の準備などデータ分析や傾向、対応策を考えて行動することに負けていない自信がありました。しかし農産バイヤーに起こる予期せぬトラブルは準備していないことが起こることが多く、自信を無くしかけていました。


そんなときに出会った本が、【特等添乗員αの難事件】でした。北川景子さんが主人公でドラマ化された「探偵の探偵」でも有名な「松岡 圭祐さん」の作品です。僕もはじめは「探偵の探偵」を読み、面白かったので他のシリーズを探していたら見つけたのが、【特等添乗員αの難事件】でした。そこで”ラテラルシンキングが以上に強いヒロイン”の考え方が目からうろこで、自分に足らない考え方に出会えたと思いました。


ここで、当時の私が全く理解できなかった問題をいくつか挙げてみます。

  • 直径15cmの円形のケーキを、ナイフ3回入れて8等分にしてください。
  • 7個のリンゴを3人で均等に分けてください。
  • 360円をもって120円の買い物をしました。おつりは?

どうですか?あなたはすぐにこの問題を解くことができましたか?                たまにテレビのクイズ番組でしてたりしますよね?


この小説を読んでいた私は全く解けない。。                   そして答えをみて情けなくなる。


如何に今までの考え方が常識で考えようとしていたのか。それは一方的(自分都合)なものの見方、応用力のなさ痛感させられることとなりました。

ちなみに読んでいただけた方はとけましたか?? 苦手かもと思われた、30歳以上のサラリーマンのみなさん、彼女やお嫁さん、子どもとでもいいのでなぞなぞで勝負してみてください、私は嫁の足元にもおよばす、小学生の子供に負けました(笑)

しかし、こんな物事の見方ができれば仕事に役立つのではないかと思ったのです。
そこから、小説は最後まで買って読み、ラテラルシンキングの本を読んでいきました。

ちなみに読んで私が成長したと思うことは「トラブル解決力の向上」です。

あなたの周りにトラブルの解決がうまい、もしくは早い人いませんか??

トラブルを解決するためには、問題の本質はどこか?できること、できないことはなにか?優先すべきはなにか?と多面的にものごとをとらえ、最短の解決策を見つけ対応していくことだと思っています。

私が、実際にできるようになった例としては。

【例】納品トラブルによる延着が発生する可能性が出た場合。あなたは何を考えますか?       

   私はですが、

  • 発生場所・発生時間について
  • 配送再開の見込み
  • 運送方法の変更の可否
  • 納品日の変更
  • 納品時間の変更
  • 納品場所の変更
  • 代替え商品の対応

最低でもこのぐらいの対応策がすぐに頭に浮かび、その中から最もいい対策をチョイスする。そんな判断が瞬時にできるようになった。ということです。


みなさんも少し興味を持ってみませんか。

投稿者プロフィール

yohiroblog
会社に入って13年の35歳のサラリーマンです。
現在は農産物のバイヤーをやっております。
自分を変えてくれる考え方として「ラテラルシンキング」に30歳を過ぎで出会い、衝撃を受けました。全体を見通す目線と、ラテラルシンキングによっていろいろな物事の見方をして自己啓発につなげ副業でも稼げるようになりたいとあがいております。
タイトルとURLをコピーしました